ハンドべインの症状を詳しくまとめ@ハンドケアクリームで血管拡張改善

 

手の血管拡張症「ハンドべイン」

 

ハンドべインってなかなか聞きなれないワードですよね。

 

ここではハンドべインとは何か?症状について詳しくまとめました。

 

 

 

ハンドべインとは

ハンドべインとは?

 

ハンドべインは英語表記では「handvein」となります。

 

ハンド = hand = 手
ですね。

 

では、べインとは?

 

べイン = vein = 静脈
のことです。

 

直訳すると「手の静脈」

 

主に手の甲の血管が拡張した症状を「ハンドベイン」と呼んでいます。
そして、浮き出ている血管はすべて静脈になります。

 

ちなみにハンドべインは病気ではありませんのでご安心を。あくまでも血管が膨らんでいるという状態を表したもの。ほとんどの場合は、特に悪さもしませんし、手の痛みや浮腫などの症状も起こしません。

 

しかし、このハンドベイン。
加齢とともに少しずつ症状が表れてきます。10代、20代の若いころでは目立たなかった血管が、だんだんと手の甲に目立ち始めてきます。

 

 

 

ハンドべインになる原因

ハンドべインになる原因は4つあります。

 

@老化による血管拡張

若い血管は詰まりもなく血流が良く保たれていますが、加齢とともに血流が滞ります。リンパの流れが悪くなって血管に溜まりやすくなります。そうすると血管が拡張され目立ちやすくなります。
静脈はもともと血管の壁が薄く、拡張しやすくなっているのですが、加齢によって血管自体の弾力も低下することで拡張しやすくなり、血管そのものが太くなることでくっきりと血管が浮き出てしまうのです。

 

 

A皮膚の老化

加齢によるものは血管だけではありません。皮膚自体も加齢とともに弾力が減ってきます。コラーゲンやエラスチンの減少で皮膚そのものが薄くなります。手の静脈は皮膚のすぐ下を流れているため、皮膚が薄くなると血管が浮き出たように見えてきてしまうのです。

 

 

B皮下脂肪の減少

皮下脂肪も加齢とともに少しずつ減っていきます。皮下脂肪がしっかりとあれば静脈も埋もれてあまり目立たないのですが、皮下脂肪が減少することで、浮き出るように見えてしまいます。
手の甲って皮下脂肪がもともと少ないんですよ。特に女性は女性ホルモンの低下によって皮下脂肪も減少しますので、アラフォーをすぎると顕著に目立ち始めます。  

 

 

C生活習慣

仕事柄、手を多く使用する人は外的刺激を受けやすくなるので、手の血管が目立ちやすくなります。  

 

 

 

ハンドべイン対策

ハンドべインを完全に防ぐことは難しいです。ですが、若いころからしっかりとハンドケアすれば進行を遅らすことは可能です。

 

手は日常的に人の目に触れるので、目立ちやすい箇所。顔をしっかりメイクしていても手が老けていてはもったいないです。しっかりと手もケアしてあげることが大事です。

 

ハンドピュレナは手の甲専用のハンドケアクリームで、老け手に悩む大人女子に選ばれ、大人気となっています。

 

今は3ヶ月待ちの状態だとか。

 

ハンドピュレナの公式サイトでは全額返金保証もあり、手厚いサポートが充実しているので、加齢による老け手に悩んでいる方は一度お試ししてはいかがでしょうか。

 


老け手用ハンドケアクリーム『ハンドピュレナ』

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加